脳動脈瘤コイル塞栓術

概要
 脳動脈瘤に対する血管内治療は90年代に急速に発展しました。
血管の中からマイクロカテーテルを動脈瘤内に挿入します。
マイクロカテーテルからプラチナ製の柔軟なコイルを放射線透視下に挿入して行きます。
コイルが動脈瘤内で適正な位置に留置されるまで何度でも出し入れすることが可能です。
動脈瘤内の適正な位置に留置されたら電気的に通電することでコイルを離脱させます。
コイルで動脈瘤内を充填することで、動脈瘤内の血が固まり、破裂、出血を予防します。

コイル塞栓術の長所
・メスを使わず、頭の骨を開けず、脳を触らずに治療ができます。傷は、足の付け根に数mmできる程度です。
・開頭手術で脳の深部に到達することは難しいですが、カテーテル治療では大きな技術的困難はありません。
・傷の痛みが少ないため、開頭手術よりも治療のあとの回復が早いです。
・1回の治療で複数の動脈瘤の治療が可能です。
・体力の少ない高齢者などにも実施可能です。
コイル塞栓術の短所
・治療中に出血した場合、血を止めるのが開頭手術より難しいです。生命に危険が及ぶ場合があります。
・血管の中に異物をいれるため、血管の中で血が固まりやすく、脳梗塞を起こすことがあります。
・コイルがずれたり、血管の中にはみ出したりすると、正常な血管がつまり、脳梗塞を起こすことがあります。麻痺や言語障害、失語症が出現し、さらに生命に危険が及ぶ場合があります。
・処置が完全にできない場合があり、再治療が必要になることがあります。
最新の治療法への取り組み