脳出血

『十円玉の大きさの開頭で手術可能です』
概要
脳の穿通枝と呼ばれる細い血管が破けて、脳の中に出血する病気です。
脳の出血した場所により症状が異なります。片側の手足が動かない、片側の手足がしびれる、呂律がまわらない、めまいがする、強い頭痛がある、 吐気がするなどの症状があります。
出血量が多いと意識障害をきたし、非常に多い場合は致死的となります。
原因
高血圧がほとんどの場合原因となります。
脳動静脈奇形、海綿状血管腫、モヤモヤ病、アミロイドアンギオパチーなど血管の異常が原因の場合もあります。
治療
出血で損傷を受けた脳を回復させることは不可能ですので、基本的には血圧を下げて出血が広がらないようにすることが最初に必要な治療です。
さらに脳のむくみを取る薬を点滴で投与します。
出血量が多い場合は、正常の脳を圧迫し、致死的となることがあります。
脳の圧迫を少なくするため、救命のために外科的治療を行う場合があります。
外科的治療
開頭をして血腫を除去する開頭血腫除去術、10円玉程度の小さな開頭で低侵襲に神経内視鏡を用いて 血腫を除去する神経内視鏡下血腫除去術の2つの方法があります。
当院では、脳神経外科学会専門医、神経内視鏡学会技術認定医が常駐していますのでどちらの治療も可能です。
血腫の大きさ、位置によりどちらの治療が適しているかを判断します。